2011年07月28日

ナウリス君物語☆インド式ハタヨガで新キャラは生まれる?の巻

草津高原の夏。
爽やかな風の中、ナウリス君は国立公園ベルツの森教会裏ハンモックで、ほんのりと汗をかきながら日陰でお昼寝の真最中。
その近くでは、7月の海の日に完成したキャンプ用テントも真夏の日差しを浴びている。



【ナウリス君】
「ふむ。ふむ。もう、食べられないって。絶対にもう無理だってば。」

この男は、いつ時も結局「食い物」の事しか頭にないようだ。
恐らく、当ホテル樹林ガーデンでのバイキングの夢でも見ているのだろう。
このドラマは、必ずと言っていいほどここで、ナウリス君が誰かに起されるシーンから始まるが・・・。
今回もやはり、ナウリス君の電話が鳴りだした。

【ナウリス君】
「は~い。ナウリス君ですが・・・。ふむ!ふむ!」

【ボスリス】
「お前、今どこにいる!この夏の忙しい時にまさか、昼寝としゃれこんではいないだろうな?」

【ナウリス君】
「と、とんでもございません。はい、ボス。私は今、え~と教会裏でテントのチェック中で・・・。」

【ボスリス】
「もういい訳はいいから、直に戻って来い。8月のイベント情報やちょっと聞きたい事があるんだ。」

まだ、少し残る眠気を覚ますため、教会で顔を洗いオフィスに顔をだすと、早速新企画の会議がはじまった。

【ナウリス君】
「お待たせしました。イベントを含めた2点新企画をプレゼン致します。」
「1点目は、この夏は“群馬DC”を実施いていますので、西の河原入浴付プランと草津町出身のキング オブ スキーの荻原兄弟の実姉、荻原 好恵先生が指導する『インド式ハタヨガ教室』です。」

【ボスリス】
「ナウリス君。ついに、お前が瞑想をし、新たな人生を見つけるためのヨガ教室か?素直で、聡明なナウリス君が誕生しそうでなかなか面白そうだな。」

【ナウリス君】
「まだ一度も体験したことがないので、聡明なぼくが誕生するか否かはまだ、誰にもわかりませんが・・・何かやってみたい気はジワジワと湧いてきてます。」

【ボスリス】
「半分、冗談で言った内容をまともに答えてどうする!でも、ヨガは週末だけなので、プラン化はむずかしいな。」

【ナウリス君】
「はい。私もそう思います。したがい『ヨガ教室』は『ザスパ草津☆U21キッズサッカー教室』的な扱いで、館内でもPOP展開します。」

夏休みイベント一覧は
    http://www.kusatsu-now.co.jp/contents/event/summer.html

ナウリス君も受講するインド式ハタヨガは
    http://www.kusatsu-now.co.jp/contents/event/yoga.html


【ボスリス】
「もう1つ、以前から指示していた西の河原露天風呂はどうするのだ?」

【ナウリス君】
「はい。西の河原大露天風呂は行った人は必ずリピーターになるほどそのスケールの大きさは素晴らしいです!しかし、年間草津町にお見えになるお客様数170万に対し、約10%のお客様しかそのダイナミックスを体験していません。」
「その意味からもこの夏から草津観光公社と協業し『西の河原』や『大滝の湯』入浴券付プランを販売致します。」



【ボスリス】
「ナウリス君!熱でもあるのか?!お前がプレゼンで初めてまともな説明をしたではないか。」
「振り返ればあれは4年前の雪の降る1月下旬。お前が当ホテルで働きたいと申し出てから1ヶ月後の時だったな・・・。オヨヨヨ・・・」

【ナウリス君】
「ボス!何、田舎芝居の主人公になりきっているのですか?僕は常に進化をとげる努力をしているのです。」
「さて、この『西の河原大露天風呂入浴券付』は2つのプランに絞り、この夏休み販売していきます!」
「もちろん、リゾートには欠かせない『屋内温水プール』と草津温泉夜の新名物「温泉らくご」を付け、他旅館にない新しいリゾートライフを提案します。」

【ボスリス】
「やっしゃ!一気に予約を取りに行け!GO!GO!」

ナウリス君お勧めのプラン

 http://www.kusatsu-now.co.jp/newplan/plan-all.html

【お日にち限定】★大特価★特典付き選べる夕食プラン
【夏休みの決め手はこのプラン!】西の河原入浴券付き






Posted by 草津ナウリゾートホテル at 16:06│Comments(0)ナウリス&リスっ子
上の画像に書かれている文字を入力して下さい